サウジ、OPECの協調減産延長を提案
アラムコIPO控え減産幅拡大も

OPEC
2019/12/3 16:26
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=飛田雅則】世界最大の石油輸出国サウジアラビアは5、6日の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどとの会合で、協調減産の強化を提案する。2020年3月末までとした減産期間の延長に加え、減産幅の拡大が焦点だ。国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)を控え原油価格を高めたいサウジが、減産に慎重なロシアを説得できるかに市場の関心が集まる。

主要産油国は5日に減産の状況を確認する監視委員…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]