災害時、官民で「できたこと」 益子邦洋氏
南多摩病院院長

私見卓見
2019/12/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月の台風15号は千葉県の南部に大きな被害をもたらし、10月の台風19号では関東・東北地方などで多くの人命が失われた。被災地の医療活動を支援するため、私の勤める病院からも9月と10月、全日本病院医療支援班(AMAT)を病院救急車とともに派遣した。AMATは約2500の病院が加盟する全日本病院協会がつくった災害医療活動専門チームで、災害時に被災地の医療機関の業務支援や患者の転院搬送などを担う。

今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]