がんになっても働き続ける 患者の私が変える職場

Answers
社会・くらし
2019/12/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会社の就業規則は2001年を最後に改定されていなかった。法定の育児や介護向け休暇も未整備。出産を控えた女性社員は退職するのが常識だった。乳がんを患った村田里依さん(49)が働き始めたケーブルテレビ会社の労働環境は厳しいものだった。

左乳房にがんが見つかったのは14年。当時小4の長女は「ママがいなくなるのは嫌だ」と泣きじゃくった。自分ももちろんショックだったが、当時勤務していた大手証券会社の同僚た…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

連載「Answers」から

電子版トップ



[PR]