/

この記事は会員限定です

がんになっても働き続ける 患者の私が変える職場

[有料会員限定]

会社の就業規則は2001年を最後に改定されていなかった。法定の育児や介護向け休暇も未整備。出産を控えた女性社員は退職するのが常識だった。乳がんを患った村田里依さん(49)が働き始めたケーブルテレビ会社の労働環境は厳しいものだった。

左乳房にがんが見つかったのは14年。当時小4の長女は「ママがいなくなるのは嫌だ」と泣きじゃくった。自分ももちろんショックだったが、当時勤務していた大手証券会社の同僚たち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン