/

この記事は会員限定です

埼玉の河村屋、玉ねぎ丸ごと漬物に 伝統と創意

埼の強み

[有料会員限定]

伝統を守りつつ、新たな価値を創造する。老舗と呼ばれる企業の多くが経営目標に掲げるテーマだが、実践するのは口で言うほどたやすくない。旧中山道の宿場町として栄えたさいたま市北区で約200年間、漬物の製造を続ける河村屋も、そんな難題と向き合う企業の一つだ。

酒屋だった江戸時代後期に酒かすを使って漬物の製造を始めた。飛躍のきっかけは1979年に開発してヒットした「大福神漬」。塩とぬかで2年半漬けたたくあん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン