「宗教超え愛される」 香川の妖怪画家、欧州で常設展
ウエーブ香川

中国・四国
2019/12/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香川県の小豆島で、妖怪画家として活躍する柳生忠平氏の作品の展示がフランスで始まった。8月中旬から約2カ月間、現地に滞在して描いた妖怪が、日本文化を現地で伝える。瀬戸内の自然や暮らしをキャンバスに描かれた現代アートだけでなく、日本ならではの妖怪画も楽しめる島の魅力を発信し、インバウンド(訪日外国人)の拡大につなげる。

「フランスで妖怪を描いてくれませんか」。柳生氏のもとに6月、一通のメールが来た。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]