将棋リコー杯女流王座戦、4日に第4局 奪取かタイか

囲碁・将棋
2019/12/4 2:00
保存
共有
印刷
その他

里見香奈女流王座(左)と西山朋佳女王

里見香奈女流王座(左)と西山朋佳女王

里見香奈女流王座(27)に西山朋佳女王(24)が挑む将棋の第9期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負の第4局が、4日朝から東京都渋谷区の将棋会館で指される。里見女流王座の先手番で、持ち時間は各3時間。立会人は飯野健二八段が務める。

第3局までは全て先手番が制し、西山女王が2勝1敗とタイトル奪取に王手をかけた。西山女王が女流王将に続いてタイトルを奪うか、里見女流王座がカド番をしのいで最終局に持ち込むか。女流棋界の勢力図が変わるかもしれない大一番だ。

対局の模様は「リコー杯女流王座戦中継サイト」(http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/)でライブ中継します。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]