タカラスタンダード千葉工場、リフォーム需要に備える

住建・不動産
南関東・静岡
2019/12/3 14:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

流し台や浴槽、洗面台などを製造販売するタカラスタンダード。千葉県八千代市にある千葉工場は、「プラスチックの女王」とも呼ばれるアクリルを使った人造大理石の製品をつくる。主力は新築マンション向けの浴槽やキッチン天板だ。今後は高齢者らのリフォーム需要の取り込みにも力を入れる計画で、10月には業者・代理店向けの研修施設を設けた。

京成電鉄の勝田台駅から車で10分ほど向かった、工業団地の一角に同社の2つの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]