/

この記事は会員限定です

テレワーク企業、オフィス3割狭く スペース節約

賃料上昇で確保難の側面も

[有料会員限定]

テレワーク導入企業は、オフィスが3割狭い――。自宅や職場外で仕事をするテレワーク実施企業が借りる1人あたりオフィス面積は、実施していない企業に比べ3割ほど小さいことがザイマックス不動産総合研究所(東京・千代田)の調査でわかった。働く場所の分散でオフィススペースを節約できている姿が浮かび上がる。ただ、オフィス需給の逼迫で入居可能な空室が少なく賃料も上昇しており、十分な面積を確保しづらいという事情も影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン