首相、23~25日に中国訪問 日中韓首脳会談に出席

政治
2019/12/3 13:30
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は3日の政府・与党連絡会議で、15~17日にインド、23~25日に中国を訪問すると表明した。中国では成都で開く日中韓首脳会談に出席する。中国、韓国とそれぞれ首脳会談を調整していると明らかにした。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席や韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と個別に会談する予定だ。

首相は日中韓首脳会談に関し「北朝鮮問題など地域情勢や国際社会が直面する諸課題について率直に意見交換したい」と述べた。

日韓首脳会談では元徴用工を巡る裁判で韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた問題や、対韓輸出管理の厳格化を巡り意見を交わすとみられる。首相と文氏は11月にタイで11分間接触した。正式な会談は2018年9月以来となる。

首相は15~17日にインドを訪れ、モディ首相と会談する。「自由で開かれたインド太平洋の実現、安全保障・防衛協力、経済・人的交流の拡大に向けた連携や地域情勢について議論したい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]