/

この記事は会員限定です

外国法をどこまで尊重すべきか

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

「同性同士の事実婚の不倫」というややこしい裁判の考察の最終回です。判決は、このカップルが事実婚をしていたと認定した理由のひとつに、米国で法律婚をしていたことを挙げました。今回は、憲法と外国法の関係について、考えてみましょう。

■条約順守は憲法が規定

「同性婚が法律で認められている米国ニューヨーク州で婚姻登録証明書を取得した」

宇都宮地裁真岡支部が出した判決には、こう書かれています。わざわざ明記したと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2554文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン