/

この記事は会員限定です

日経平均、荒い値動き 「恐怖指数」が急上昇

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

日本株の値動きが大きくなっている。3日午前の日経平均株価は反落し、下げ幅は朝方に一時300円を超えた。2日に年初来高値を更新して年末高への期待が高まっていたが、米国景気の悪化や貿易摩擦の広がりへ警戒ムードが再燃した。前日の米国市場でも「恐怖指数」と呼ばれ、株式相場の予想変動率を示す「VIX指数」が18%上昇。投資家に戸惑いが広がっている。

日経平均は3日の朝方に、先物主導で一時342円安の2万31...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン