欧州で進む再生エネ導入、日本は積極投資を 独アキラ
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
2019/12/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州のエネルギー市場は再生可能エネルギーへのシフトが進む一方で英国の欧州連合(EU)からの離脱を控え不確実性も増している。ドイツの資産運用会社であるアキラ・キャピタル(本社ハンブルク)のラーズ・マイジンガー取締役ら同社幹部に欧州の再エネや気候変動政策の現状を聞いた。

アキラは82億ユーロ(約9840億円、2019年3月末時点)の資産を運用し、その約8割を風力や太陽光、水力発電など再生可能エネルギ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]