/

この記事は会員限定です

南米に伸びる貿易戦争の影 景気不安が招く円買い

経済部 斉藤雄太

[有料会員限定]

3日午前の東京外国為替市場で円相場は1ドル=109円10銭前後と前日から50銭ほど円高・ドル安の水準で推移した。中国の景況感が持ち直すなど世界的な景気回復期待が広がるなか、米サプライマネジメント協会(ISM)が2日発表した製造業の景況感指数が予想外に低調で、米株安・ドル安を招いた。さらに投資家のリスクオフ(回避)の円買いを誘ったのが、トランプ米大統領のツイートだ。

「ブラジルとアルゼンチンから輸入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン