日経平均反落、終値149円安の2万3379円

2019/12/3 9:08 (2019/12/3 15:22更新)
保存
共有
印刷
その他

3日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比149円69銭(0.64%)安の2万3379円81銭で終えた。米景気指標の悪化や貿易摩擦への懸念で前日の米株式相場が下落し、国内でも運用リスクを避ける目的の売りが優勢だった。

2日発表の11月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が市場予想に反して前月から低下した。日経平均は前日に年初来高値を更新しており、高値警戒感を背景とした利益確定売りを促した。鉄鋼や自動車など景気敏感株をはじめ幅広い銘柄に売りが出た。

トランプ米大統領が2日、ブラジルやアルゼンチンから輸入する鉄鋼などに追加関税を課す考えを示し、貿易摩擦問題が改めて意識された。フランスが導入したデジタルサービス税を不服として、米国が仏製品への制裁関税を検討していることも売り材料になった。

もっとも、朝安後は下げ渋った。押し目買いや先物の売り方による買い戻しが入ったほか、香港ハンセン指数などアジア株が底堅く推移したことも相場を下支えした。10年物国債入札が低調な結果との受け止めが広がり、午後に国内の長期金利が上昇すると、第一生命HDなど金融関連株の一角が買われた。

JPX日経インデックス400は反落。終値は前日比63.56ポイント(0.41%)安の1万5261.24だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、7.76ポイント(0.45%)安の1706.73で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9566億円。売買高は10億7475万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1540、値上がりは551、変わらずは66だった。

日本製鉄やオークマなどが下落し、日産自やマツダも下げた。太陽誘電やAGCも安い。一方、任天堂が年初来高値を更新し、ミネベアやTDKが上昇。ソニーやカシオも買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップ



[PR]