トランプ選対、「偏向」理由にブルームバーグの取材拒否

トランプ政権
米大統領選
北米
2019/12/3 5:06
保存
共有
印刷
その他

米民主党の大統領候補指名を目指しているブルームバーグ氏=ロイター

米民主党の大統領候補指名を目指しているブルームバーグ氏=ロイター

【ワシントン=芦塚智子】トランプ米大統領の選対本部は2日、米通信社ブルームバーグの記者には、トランプ氏の選挙関連イベントの取材許可を出さないと発表した。ブルームバーグが創業者マイケル・ブルームバーグ氏や他の民主党大統領候補を巡る調査報道をしない方針を示したことを批判し、「(ブルームバーグは)偏向ぶりを公言した」と取材拒否の理由を説明している。

トランプ陣営は声明で「我々は不公平な報道には慣れているが、大半の報道機関は偏向ぶりをここまでおおっぴらに発表しない」と指摘。問い合わせなどには対応する場合もあるが、ブルームバーグが方針を撤回するまでイベントへの参加は認めないとしている。

米メディアによると、ブルームバーグにはブルームバーグ氏や家族などの調査報道をしないという長年の編集方針がある。同氏が民主党の大統領候補指名争いに出馬表明したのを受け、公平を期すために他の民主党候補にもこの方針を適用することにした。ブルームバーグ氏を含む各候補の政策や選挙情勢などは報道するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]