/

この記事は会員限定です

中銀デジタル通貨、欧州も検討 「信頼」が不可欠

ドイツには財政出動余地

[有料会員限定]

フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワドガロー総裁は、日本経済新聞とのインタビューで、中央銀行の発行するデジタル通貨を欧州でも検討することを明らかにした。そのうえでデジタル通貨には「信頼が不可欠」と述べた。欧州経済の減速に対応して、ドイツなどは財政出動の余地があるとの見方を示した。

米フェイスブックなどによるデジタル通貨「リブラ」構想については、「技術革新のために安全と信頼を犠牲にするわけにはいか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Facebookが構想するデジタル通貨。値動きの激しい暗号資産(仮想通貨)と異なり、価格が安定する設計が特徴だ。ドルやユーロなどの法定通貨を裏付け資産とすることで価値を保つ。2020年12月、名称が「リブラ」から「ディエム」に変更された。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン