藤田医大、ロボット手術の世界拠点へ 医療先進地・愛知
中部医療最前線

2019/12/9 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

急速に進歩する医療技術の中で、がん手術に革命を起こしたのが手術支援ロボット「ダビンチ」だ。ミリ単位の繊細な動きで高精度の手術を実現し、開腹が不要なため患者の負担も激減した。国内でトップクラスの手術件数を誇る藤田医科大学病院(愛知県豊明市)は、治療と医師教育の両面で国内外から注目を集める。高度な技術が集積する愛知の医療に迫った。

11月、同病院の手術室。患者の腹部に開けた小さな穴から入った4本のア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]