脳波を分析、売れ筋探る ダイドーは「心地よさ」測定

エレクトロニクス
ヘルスケア
サービス・食品
小売り・外食
2019/12/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費者の「無意識」を分析し、売れ筋商品を開発する試みが広がっている。消費者モニターの脳波や脳血流を測定。「おいしい」「いい匂い」「心地良い」など、言葉ではうまく表現できない深層心理を探り商品開発に生かす。無数の新製品が生まれては消える時代。ヒット商品作りに脳科学の力を借りようと、技術開発競争や新たな応用分野を模索する動きが活発になる。

飲料大手ダイドードリンコが今年3月にペットボトルを刷新したお…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]