端末で解答「CBT入試」広がるか 学習力幅広く把握

大学
2019/12/2 19:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学入試改革の中で、受験生の学力を測る新たな手段として「CBT」が検討されている。コンピューター・ベースド・テスティングの略で、パソコンやタブレット端末によるテストを指す。紙の試験にはない利点があり、日本では検定・資格試験などで使われているが、入試での活用例はまだわずか。一体どんなテストなのか、特徴や課題を探った。

パソコンの画面に向かい、マウスを操作すると「前進」「右回転」「左回転」などの文字…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]