/

この記事は会員限定です

端末で解答「CBT入試」広がるか 学習力幅広く把握

[有料会員限定]

大学入試改革の中で、受験生の学力を測る新たな手段として「CBT」が検討されている。コンピューター・ベースド・テスティングの略で、パソコンやタブレット端末によるテストを指す。紙の試験にはない利点があり、日本では検定・資格試験などで使われているが、入試での活用例はまだわずか。一体どんなテストなのか、特徴や課題を探った。

パソコンの画面に向かい、マウスを操作すると「前進」「右回転」「左回転」などの文字が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン