/

東和銀行、地域活性化ファンドに出資

東和銀行は2日、子会社の東和銀リース(前橋市)とAGSコンサルティング(東京・千代田)が共同で運営する地域活性化ファンドに参加すると発表した。東和銀とゆうちょ銀行が2億4900万円ずつ出資し、東和銀リースとAGSコンサルティングが100万円ずつを出資する。群馬や埼玉、東京、栃木の中小企業を支援し、地方創生につなげる。

11月29日に設立した「東和地域活性化投資事業有限責任組合」に参加する。ファンドの総額は5億円で、存続期間は10年間。東和銀はファンドを通じ、営業エリアの中小企業などの事業承継や観光開発、創業などを支援する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン