日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月6日 145.404 -0.313

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

薄鋼板在庫、10月末2.9%減 今年の最低水準に

環境エネ・素材
2019/12/2 17:39
保存
共有
印刷
その他

国内の薄鋼板の主要3品種(熱延、冷延、表面処理)の10月末の在庫量(メーカーと流通の合計、速報値)は431万6千トンと、9月末に比べ13万1千トン(2.9%)減少した。需給均衡の目安とされる400万トンを依然上回るが、2019年の最低水準まで減少した。メーカーや流通事業者が生産や仕入れを調整している効果が出ている。

薄鋼板の国内在庫は依然多いが、調整も進んでいる(千葉県浦安市)

過去10年の平均では10月は9月より約3万トン減る傾向にあったが、19年10月は平均を上回るペースで減った。米中貿易摩擦を背景にアジアや国内の鋼材需要は鈍いが、在庫増加による需給緩和を課題とみるメーカーや問屋は生産・仕入れを抑制している。10月は問屋在庫が7万トン強減った。

一方、こうした調整と相反するように輸入材は増え、国内需給を緩ませる圧力となっている。10月の入着量は29万3千トンで、韓国材や台湾材を中心に9月より約3万6千トン増えた。自動車や家電、機械、建築など幅広い分野の鋼材の母材となる熱延鋼板の入着が目立つ。アジアの鋼材市況が弱いなか、相対的に下落が少ない日本に海外品が向かう動きのようだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム