シー、シタテルなどと組み衣服ブランドの立ち上げ支援

スタートアップ
サービス・食品
2019/12/2 17:08
保存
共有
印刷
その他

女性向けレッスンスクールを運営するSHE(シー、東京・港)は衣服のブランドを立ち上げたい女性を支援する事業を始めた。衣服生産プラットフォームを提供するシタテル(熊本市)など3社と連携し、衣服のデザインや開発、生産・販売、資金調達まで支援する。

中間発表会では長谷川さんが環境に配慮したバッグと靴を提案した

「NEW ERA BRAND Challenge」と名付けたコンテストを今秋に始めた。シタテルのほか電子商取引(EC)サイト開設支援のストアーズ・ドット・ジェーピー(東京・渋谷)や、クラウドファンディング(CF)運営のキャンプファイヤー(東京・渋谷)とも連携する。

衣服系ブランドの立ち上げを志す女性を公募し、書類選考を通過した約25人に各社が講義を無料で実施する。シーはブランド開発の手法、シタテルは衣服の制作ノウハウを伝える。ストアーズはECサイトの立ち上げ方、キャンプファイヤーは資金調達のポイントを伝授した。アパレル業界に勤めていない異業種の出身者でも、ゼロからブランド立ち上げの知識を学べるのが特徴だ。

11月下旬に中間発表会を開き、約20人の参加者が自身が考案したファッションブランドを発表した。長谷川莉子さん(25)は地球環境や動物に配慮した素材を使ったバッグと靴を提案。「将来は起業も視野に入れている」と話している。

上平田蓉子さん(27)は「社会の中で自分の目標や夢に向かってまい進する女性が増えているが、まだまだ固定観念や偏見にとらわれる機会が多い」と話す。そんな状況で「立ち上がる女性に踏ん張る強さを与え、もがく過程に寄り添う相棒服を作りたい」と意気込む。

中間審査を通過した4チームには各社のメンターが付き、考えた商品を具体的にどう形にするのか、売り出す際のポイントなどを助言する。12月15日の最終審査会で優勝者を決める予定だ。その後はシタテルによる試作品の制作支援やキャンプファイヤーによるCF運営支援を通じて、実際にブランドを立ち上げていく考えだ。

(鈴木健二朗)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]