/

神奈川県内、後継者「不在」の企業7割超

東京商工リサーチ横浜支店の調査によると、神奈川県内で後継者の決まっていない企業の割合は72%に上った。全国平均の56%を大きく上回り、唯一7割を超えた。神奈川県では起業が相次いでおり、創立間もないため後継者を検討していない企業が多いとみられる。一方、代表者が高齢の中小企業では事業承継の問題が深刻になっている。

調査は神奈川県内の1万378社を対象に実施した。産業別では、情報通信業が最も後継者不在率が高く、78%だった。全業種で6割を超えており、業種を問わず後継者を決めていない企業が多かった。

後継者の不在率は代表者が若いほど高い傾向にあるものの、代表者が70代で4割、80歳以上でも3割を超えた。同社は「(代表者の急病などで)取引先や労働者が予期せぬ形で販路や外注先、勤務先を失いかねない」と指摘している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン