アクティバリューズ、商業施設にチャットボットを導入

スタートアップ
ネット・IT
小売り・外食
2019/12/2 16:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を使うチャットボット(自動対話システム)のアクティバリューズ(東京・渋谷)は東京・お台場地区にある商業施設「ヴィーナスフォート」にチャットボットの「talkappi(トーカッピ)」を導入した。これまではホテルや観光地での利用を進めており、大型商業施設では初の運用となる。

施設内にQRコードを掲載した約20のフロアマップを設置した。スマートフォンで読み込み、LINEなどで利用したい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]