中国新興EVメーカーの華人運通、都市交通変える
元上海GMトップが創業

自動車・機械
中国・台湾
アジアBiz
2019/12/2 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

華人運通(ヒューマン・ホライゾンズ)は、中国の上海市で2017年に創業した電気自動車(EV)メーカーだ。21年に「HiPhi」というブランド名でEVの販売を始める計画を持ち、自動運転やスマートシティーなどの関連事業も手掛けている。中国のEV市場は競争が激化しているが、後発ながら今後の成長が有望な新興企業として注目を集めている。

創業者の丁磊・最高経営責任者(CEO)は、2000年代に米ゼネラル・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]