鹿島、AIでビル設備の故障予測

住建・不動産
2019/12/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鹿島は日本マイクロソフトと連携し、11月から空調や照明などビル設備の故障や異常の発生を事前に予測するサービスを始めた。設備の稼働データをクラウドに集約し、人工知能(AI)を使って分析する。ビルを所有するオーナーや大学、医療機関などが適切な更新時期を見定めたり、消費エネルギーを抑制したりできるようにした。

多くのビルは中央管理室を設置して、建物内の電気や空調、水道などの設備の稼働状況を監視している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]