社長報酬1億円に迫る 超大手企業、5年で4割増

ビジネス
2019/12/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デロイトトーマツグループと三井住友信託銀行が実施した調査によると、2019年度の売上高1兆円以上の企業の社長報酬額(中央値)は9946万円だった。調査を開始した14年度から5年連続で増え、5年前に比べると4割強の伸びとなった。

東証1部上場の614社を含む928社から回答を得た。東証1部上場企業の社長報酬額は前年比5.6%増の5862万円。2年連続で増加した。上昇傾向にあるものの過去8年間は横ば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]