米ツアー ズームアップ

フォローする

成長著しいジョン・ラーム メジャー制覇も視界に
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

2019/12/4 3:00
保存
共有
印刷
その他

2017年の最後には世界ランキングが2桁にまで落ち、不振がささやかれたR・マキロイ(英国)だったが、19年8月終わり、プレーオフの最終戦(ツアー選手権)で逆転勝ちを果たすと、16年以来、3季ぶり2度目の年間王者となった。そして、翌月にはシーズン3勝を挙げたことも評価され、米ツアー最優秀選手に選ばれている。

■米ツアー最優秀選手を巡る議論

年間王者に関しては、それを決めるプレーオフ(フェデックスカップ)のルール上、異論を挟む余地はない。一方、ツアーメンバーの投票で決まる米ツアー最優秀選手に関しては、選出を巡って、様々な議論があった。

マキロイはプレーオフ最終戦に勝ち、3季ぶり2度目の米ツアー年間王者となった=AP

マキロイはプレーオフ最終戦に勝ち、3季ぶり2度目の米ツアー年間王者となった=AP

実は、12月1日現在、ゴルフの世界ランキング1位のB・ケプカ(米国)も昨季は全米プロ選手権も含む3勝をマークしており、マキロイとの比較の中で、どの試合で勝ったのか、それぞれの価値をどう捉えるか……、という点で必ずしも意見が一致しなかったのだ。

マキロイは昨季、賞金総額が1250万ドルで、一つの大会としては史上最高だったザ・プレイヤーズ選手権でも逆転勝ちしており、ツアー選手権と合わせれば、確かに格付けの高い大会で2勝している。ただ、ケプカも世界ゴルフ選手権シリーズのフェデックス・セントジュード招待を制しており、メジャー大会での勝利と合わせれば、ケプカの方が上では? という声が少なくなかった。

ただ、個人的にはジョン・ラーム(スペイン)の活躍も記憶に残る。

18年9月終わり、彼はライダーカップ(米国選抜と欧州選抜による対抗戦)の個人戦でタイガー・ウッズ(米国)を下し、欧州選抜の勝利に貢献した。同年12月には、非公式大会ではあるものの、ウッズが主催するヒーロー・ワールド・チャレンジで快勝している。19年春には、米ツアーでは唯一のチーム戦であるチューリッヒ・クラシックにライアン・パーマー(米)とペアを組んで出場すると、3日目を終えて首位に立ち、そのまま逃げ切った。

その後、欧州ツアーのメンバーでもある彼は、7月にアイリッシュ・オープンを17年に続いて制した後、10月には地元スペインで行われたスペイン・オープンでも、2位に5打差をつけ、実力の違いを見せつけている。そして先日、2年ぶりにDPワールドツアー選手権ドバイに勝つと、欧州ツアーの年間王者を決める「レース・トゥ・ドバイ」のタイトルを獲得した。

■4カ国で優勝したラーム

ラームは結局、この約1年で、非公式大会を含めれば、米国、アイルランド、スペイン、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイという4カ国で勝利を挙げたことになり、加えて、これまで決して相性がいいとは言えなかった4大大会でも結果を残した。

ジョン・ラームはDPワールドツアー選手権ドバイを制し、欧州年間王者に輝いた=AP

ジョン・ラームはDPワールドツアー選手権ドバイを制し、欧州年間王者に輝いた=AP

全米プロ選手権こそ予選落ちしたものの、マスターズ・トーナメントは9位タイ、全米オープンは3位タイ、全英オープンは11位タイ。かつて大舞台に弱いとも揶揄(やゆ)されたが、そのありがたくないイメージも払拭している。

まさに八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍で、課題とされた感情のコントールの面での成長も著しい。彼の存在感は、もはやトッププロのそれと比べて見劣りせず、スペイン勢では、セベ・バレステロス、ホセ・マリア・オラサバル、セルヒオ・ガルシアに続く4人目のメジャー大会制覇を彼が果たしたとしても、なんの不思議はない。

今季はまだ米ツアーに出場していないが、今の勢いを持続できるなら、年明け以降、確実に注目選手の一人になるはずだ

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

米ツアー ズームアップをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
ジョン・ラームはDPワールドツアー選手権ドバイを制し、欧州年間王者に輝いた=APAP

 2017年の最後には世界ランキングが2桁にまで落ち、不振がささやかれたR・マキロイ(英国)だったが、19年8月終わり、プレーオフの最終戦(ツアー選手権)で逆転勝ちを果たすと、16年以来、3季ぶり2度 …続き (12/4)

ZOZOチャンピオンシップでのウッズの勝利はファンを魅了するすべての要素が詰め込まれていた=APAP

 もしこれが映画なら、ただの安っぽいB級映画としか、みなされないのではないか。話があまりにもうまく出来すぎている。しかし、そういうことが実際に起きると、人々は熱狂する。千葉県のアコーディア・ゴルフCC …続き (11/6)

開幕戦を制したホアキン・ニーマンはチリ出身の20歳だ=APAP

 今季開幕2戦の結果は、2016年限りで退任したティム・フィンチェム前PGAツアーコミッショナーに、先見の明があったことを証明した。
 遡ること25年。1994年9月、第1回プレジデンツカップ(欧州を除 …続き (10/2)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]