見えてきたメルケル氏後継 極右よりリベラル派有利か
欧州総局編集委員 赤川省吾

ドイツ政局
赤川 省吾
ヨーロッパ
Nikkei Views
編集委員
2019/12/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

メルケル首相退任後のドイツ政治の姿がおぼろげながらみえてきた。メルケル政権を支える中道左派と保守系の二大政党でポスト・メルケルを巡る暗闘が始まり、次期首相は有力候補4~5人の争いに絞られてきた。政争のなかで浮かび上がってきたのは、ほとんどがリベラル思想を掲げる政治家たちである。

老練な地方政治家と知名度の低い国会議員のコンビ――。ちょっとしたサプライズだった。連立与党の一角である中道左派の社会民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]