世界に誇れる一粒の米 幸田真音

エッセー
2019/12/4 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪堂島川のほとりに、白御影石でできた巨大な米粒があるのをご存じだろうか。

江戸時代中期に隆盛を誇った「堂島米市場」。世界初の組織的な先物市場発祥の地として、建築家安藤忠雄氏のデザインにより9.5トンもの白い米をかたどったモニュメント「一粒の光」が据えられたのは、昨年10月。国内の株価指数先物市場の創設30周年を記念してのことである。

江戸時代の幕藩体制のもと、当時の日本経済は、年貢米として納め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]