/

アジア開発銀行、浅川氏を次期総裁に選出

ADBの次期総裁に選出された浅川雅嗣氏=岩田陽一撮影

【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)は2日、次期総裁に日本政府が推薦した財務省前財務官の浅川雅嗣・内閣官房参与を加盟68カ国・地域による全会一致で選出したと発表した。浅川氏は現在の中尾武彦総裁の後を継ぎ、2020年1月17日付で就任する。1966年の設立以来、10代連続で日本人の総裁となる。

浅川氏の任期は中尾氏の残りの任期である2021年11月まで。総裁選に立候補したのは浅川氏だけだったため、事実上の信任投票となった。

加盟国の財務相らでつくる意思決定機関の総務会議長である韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は「浅川氏の国際金融や開発分野における幅広い経験は、強靱(きょうじん)で持続可能なアジア・太平洋地域の実現に貢献するだろう」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン