香港デモで衝突再燃 数万人行進、「休戦」終了

中国・台湾
2019/12/2 7:48
保存
共有
印刷
その他

【香港=共同】香港・九竜地区で1日午後、市民ら数万人が市街地をデモ行進した。警察は一部の過激な参加者がれんがや発煙弾を投げたとして、催涙弾を発射した。11月24日の区議会(地方議会)選挙実施のため、デモ隊の間では「休戦」が呼び掛けられていたが、衝突が再燃した。

 1日、香港でデモの参加者を取り締まる警察官ら=AP・共同

香港メディアによると、警察は少なくとも催涙弾17発を放ち、選挙後初となった11月30日深夜に続き2日連続の発射となった。警察は11月19日以降、催涙弾を使っていなかった。市民らの反発が広がり、抗議活動が再び激化する恐れもある。

報道によると、デモ行進終了後の1日夜には行進のルート付近で店舗などの破壊や放火も発生した。デモ行進参加者によるものかどうかは不明。警官隊は少なくとも2人を拘束し、催涙弾を発射した。

主催者は、九竜地区のデモに少なくとも38万人が参加したと発表。警察は1万6千人とした。市民が車道を埋め「見ろ、これが民意だ」「やくざな警察は去れ」などと沿道の警官隊へ怒りの声を上げながら行進した。警官隊が空へ向けて催涙弾を撃つと、人々は子どもや高齢者をかばいながら一斉に逃げ出した。

デモに参加したエンジニアの女性(30)は「区議会選挙の結果が出たのに政府は何も要求に応じず、警察の暴力も収まらない。市民は怒っている」と訴えた。

一方、香港中心部では、米国で成立した「香港人権・民主主義法」を歓迎して市民が政府本部庁舎近くの公園から近くの米総領事館まで行進した。警察によると3800人が参加した。星条旗が掲げられ、トランプ大統領の扮装(ふんそう)をした人も。香港大4年のジャニスさん(22)は「香港政府への圧力になる」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]