インフラ点検、要件緩和 政府 ドローンで代替可能に

2019/12/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の規制改革推進会議は2020年夏の提言に向け議論する規制緩和の重点項目を固めた。インフラやプラントの点検を巡り、目視の原則を緩和しドローンやセンサーでの代替を可能にする。道路法やガス事業法など約30の法律の規制を緩める方向だ。先進技術の活用で点検の精度を高めるとともに人手不足を補う。

2日の会議で14の重点項目を示す。デジタル化の進展を踏まえた制度の見直しが柱だ。

道路や鉄道などのインフラ点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]