スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

ナガマツ涙、重圧払い逆転で初V 全日本バド女子複

Tokyo2020
2019/12/1 19:56 (2019/12/1 20:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

71分、フルゲームの接戦を制した瞬間の、永原・松本組のガッツポーズは控えめだった。緊張の糸が切れたのはベンチの佐々木翔監督と握手を交わしたとき。松本の目から涙があふれ出す。「今まで全日本総合の優勝が遠かった。やっと手にできて、本当にうれしい」

【関連記事】桃田2連覇、奥原は4年ぶりV 全日本バドミントン

初の決勝の重圧は想像以上だった。「浮足立っている部分があった」(永原)といい、レシーブはガチガ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ノーマンは男子400メートルで昨季の世界最高記録をマーク、東京五輪「金」だけを見据える

 日本にルーツがある次代のホープが、陸上競技大国の米国にいる。カリフォルニア州出身で日本人の母を持つマイケル・ノーマン(22)。男子400メートルで2019年シーズンの世界最高となる43秒45をマーク …続き (1/17)

バドミントン女子ダブルス日本代表の福島(左)と広田の「フクヒロ」ペア


 全ての五輪競技を通じても屈指の代表争いといえるのが、強豪ペアひしめくバドミントン女子ダブルスの2枠を巡る戦いだ。そんな厳しい選考レースで、福島由紀と広田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ …続き (1/16)

後半、先制ゴールを決める小川=共同共同

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によるMF田中碧の退場は、犯した罪に対して罰が重すぎた。
【サッカーU23日本、カタールと引き分け アジア選手権】

 前半終了間際。ボールを死守しようと伸 …続き (1/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]