「中曽根氏、日米の礎築いた」 トランプ大統領が哀悼

政治
北米
2019/12/1 8:54 (2019/12/1 10:37更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】トランプ米大統領は11月30日、中曽根康弘元首相の死去を受け「米国民を代表し、日本国民に対し最も深い哀悼の意を示す」と声明で発表した。「日米のグローバルなパートナーシップの礎を築いた」とし、中曽根氏の功績をたたえた。

トランプ米大統領(右、AP)は中曽根康弘元首相(共同)の死去を受け「米国民を代表し、日本国民に対し最も深い哀悼の意を示す」と声明で発表した

トランプ米大統領(右、AP)は中曽根康弘元首相(共同)の死去を受け「米国民を代表し、日本国民に対し最も深い哀悼の意を示す」と声明で発表した

声明では、中曽根氏と「ロン・ヤス」の信頼関係を築いた故レーガン元米大統領の言葉を引用し「友人かつ賢明な同志で、太平洋地域における米国の最も重要なパートナーで同盟国のリーダー」だったとした。

さらに、世界規模での日米協力の基礎として、中曽根氏による日米同盟強化の取り組みや、アジアでの民主主義拡大への関わりがあったと指摘。「インド太平洋地域や世界各地における、平和や繁栄、自由の基盤となった」と強調した。

【関連記事】
中曽根康弘元首相死去 101歳 日米同盟強化に貢献
政治への情熱と執念 中曽根元首相、強い指導者像確立
米国務長官「偉大なステーツマン」、中曽根氏に弔意
ゴルバチョフ氏が弔意 中曽根氏「日ソ発展願う」
中曽根元首相死去、海外も速報 「戦後政治の巨人」
中曽根元首相の101年 映像と写真で振り返る
中曽根康弘「私の履歴書」(1992年1月)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]