企業の気候リスク分析、TCFDが後押し SDGs経営調査
広がる国際的要請への賛同 供給網と一体で対応

SDGs
環境エネ・素材
2019/12/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

TCFDは気候変動が企業業績や財務に及ぼす影響の分析・開示を求めている(10月に東京都で開かれたTCFDサミット)

TCFDは気候変動が企業業績や財務に及ぼす影響の分析・開示を求めている(10月に東京都で開かれたTCFDサミット)

気候変動の影響を分析・開示する動きの背景に、主要国の金融当局からなる金融安定理事会(FSB)が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の呼びかけがある。

TCFDは気候変動が業績や財務に及ぼす影響の分析・開示を企業に求めており、日本でも200以上の企業・機関が賛同している。調査でSDGs貢献の一環として参加・賛同する枠組みや団体を聞いたところ、20.7%がTCFDを挙げた。気候変動のリスクを開示していると答えた192社のうち、4割近くがTCFDの提言に準拠しているとした。

【関連記事】
「経営に気候リスク」鮮明、半数開示へ SDGs経営調査
「課題解決力」収益けん引 SDGs、経営反映6割

キリンホールディングスは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]