ドイツ社民党首選、連立懐疑派が勝利 メルケル政権打撃

ドイツ政局
ヨーロッパ
2019/12/1 5:18
保存
共有
印刷
その他

独社民党の党首選挙で勝利したワルターボーヤンス氏(左)とエスケン氏=ロイター

独社民党の党首選挙で勝利したワルターボーヤンス氏(左)とエスケン氏=ロイター

【ベルリン=石川潤】メルケル政権の連立与党の一角、ドイツ社会民主党(SPD)は30日、次の党首を決める決選投票で連立懐疑派のワルターボーヤンス氏とエスケン氏のペアが勝利したと発表した。連立維持派との一騎打ちだったが、党の退潮が止まらないなか、路線変更を求める声が広がっていた。SPDが連立政権にとどまるかは極めて不透明となり、メルケル政権の存続基盤が大きく揺らぎ始めた。

得票率は、西部ノルトライン・ウェストファーレン州の元財務相、ワルターボーヤンス氏とエスケン下院議員のペアが53.1%、連立維持派のショルツ財務相らのペアが45.3%だった。SPDは12月6日からの党大会で、勝利した2人を正式に共同党首に選出し、連立政権にとどまるかどうかも議論する。

現在の政権はメルケル首相が所属する中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)とSPDによる連立政権だ。仮にSPDが政権を離脱すれば、メルケル政権は少数与党内閣となるか、2021年秋に予定されている連邦議会選挙を前倒しするかなどの選択を迫られる。

ワルターボーヤンス氏らが党首になっても、すぐに連立離脱に踏み切るとは限らない。同氏らは現在の連立協定を見直し、気候変動対策やインフラなどへの大胆な投資や最低賃金の引き上げなどの政策を実現できるのであれば、政権にとどまる意向とみられている。

ただ、CDU・CSU内では年金制度改革などでこれまでもSPDに十分配慮してきたとの意見が強い。連立協定の見直しにはCDUのクランプカレンバウアー党首らが否定的な考えを示しており、ハードルはかなり高いといえる。

いずれにしてもメルケル政権の求心力が一段と低下することは避けられず、ドイツ政治が機能不全に陥りかねない状況となった。欧州の盟主とされるドイツの意思決定が遅れれば、英国の欧州連合(EU)離脱や気候変動対策、景気減速への対応などの課題が山積する欧州政治全体にも影響が及びかねない。

SPDは5月の欧州議会選挙で大敗し、当時のナーレス党首が辞任に追い込まれていた。その後の州議会選挙でも事実上全敗し、党の退潮に歯止めが掛かっていなかった。二大政党の一つとされながら、支持率はCDU・CSUだけでなく緑の党にも抜かれ、極右、ドイツのための選択肢(AfD)と3位を争うまでに低迷していた。

連立政権への参加で中道左派政党としての特色を打ち出しにくくなっているとの不満が、党内の左派や青年組織などを中心に広がっていた。10月に実施した党首選挙の1回目の投票ではショルツ財務相らのペアが僅差で首位に立ったが、これまで党で中心的な役割を果たしてきたショルツ氏の責任を問う声もくすぶっていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]