GO TOKYO

フォローする

緊張の初戦で白星、守備からリズム 世界女子ハンド

2019/11/30 22:45
保存
共有
印刷
その他

ただでさえ緊張する大会初戦に未体験のホーム大観衆、そしてグループ内の力関係を見渡して絶対に落とせないという「計算」。試合開始からノーマークのシュートを次々と外した日本選手からは、その重圧が見て取れるようだった。「たくさんの観客の中でプレーできて幸せだったけど、やっぱり硬かったかな」と永田しおり主将。

【関連記事】ハンド女子、日本がアルゼンチンに快勝 世界選手権が開幕
アルゼンチン戦の後半、ディフェンスする永田しおり(左端)ら=共同

アルゼンチン戦の後半、ディフェンスする永田しおり(左端)ら=共同

 それでも序盤からリードを守ってゲームを運べたのは、守備が機能したからだ。6メートルラインを離れて前からプレスをかけ、バックプレーヤーにほとんど自由にシュートを打たせなかった。9月の対戦の研究が生きたようで、キルケリー監督も「戦術的に準備ができていた」と勝因に挙げた。

9月に司令塔の横嶋彩、11月に守備の要の原希美を負傷で相次ぎ失って迎えた初戦。危機感と一体感に貫かれたチームは白星発進した。横嶋に代わってセンターで先発し、チーム最多の5得点を挙げた大山は「誰もがここに来られなかった仲間の分も責任を持ってコートに立っている」と、全員の思いを代弁する。

1次リーグ突破へ一息つける余裕はない。56%にとどまったシュート成功率に加え、反則での2分間退場が9回を数えたのは修正材料。監督によると、大会前に国際ハンドボール連盟からルール解釈に関する通知があったというが、判定には不満をあらわにした。フィジカルで劣る日本が体を張った守備を制限されては厳しい戦いになる。(山口大介)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
低酸素状態でトレーニングを行う競泳の中村克(9月30日、東京都江東区)

 東京五輪・パラリンピックをめざすアスリートたちが、少しずつ練習や試合といった「日常」を取り戻しつつある。ただ、海外渡航制限や感染リスクはなお立ちはだかり、コロナ前と全く同じとはいかない。そんな中でも …続き (10/8)

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の6回目の演技=代表撮影代表撮影

 連覇が決まると、玉井は張り詰めていた糸が切れたようにほほ笑んだ。「最高でした」。決勝は自己ベスト、それも2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル相当の高得点。国内大会と国際大会の得点を単純比較はできな …続き (9/27)

優勝した玉井陸斗=代表撮影・共同代表撮影・共同


 シニア2年目にして、試合での戦い方を知り尽くしているかのようだった。ライバルたちが次々崩れていく中、玉井は大きなミスなく6演技をまとめきり、2位に40点以上の大差をつけて圧勝。昨年の高飛び込みに続く …続き (9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]