スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

渋野、逆転Vの自信「60%くらい」 賞金女王も射程

2019/11/30 22:25
保存
共有
印刷
その他

「ムービングデー」と称される3日目。渋野の順位は初日からの3位のままで、変動はなかった。12番までに3打伸ばし、一時は単独首位に立ちながら17、18番で連続ボギー。「上がり2つで台無し」と歯ぎしりした。

【関連記事】渋野3位、鈴木12位 リコー杯女子ゴルフ第3日
第3日、9番の第3打でチップインイーグルを逃し、ずっこける渋野日向子=共同

第3日、9番の第3打でチップインイーグルを逃し、ずっこける渋野日向子=共同

 終盤に「自分で抑えきれないくらいのイライラ」を募らせたきっかけは、13番のティーショットにあったと振り返る。左林に打ち込んでラフを渡り歩き、第4打のアプローチはカップを5メートルオーバー、スコアを落とした。「パー5のボギーが一番だめ。メンタルにきた。一つのミスから、力んで左へ飛ぶように」。ナイスパーを拾った直後の17番で第1打を左林に曲げ「ブチ切れそうに」。18番でも左ラフにつかまった。

鈴木、申と「3S」の賞金女王争い。とりわけ人気者の渋野見たさに8664人のギャラリーが押し寄せた。このコースでの1日の最多来場者数を更新。「せっかく応援してくれたのに。情けないプレー」と自分を責めた。良かったのは「9番のアプローチしか出てこない」。45ヤードの第3打はピンに当たって「お先に」のバーディー、大歓声が上がった。

単独2位に入って鈴木がトップ10を外せば、史上初の「ルーキー女王」が誕生する。戴冠について「全く考えていない。ゼロに近い」そうだが、2週連続優勝は「まだチャンスはある。一番の恩返し。そこは意識してやっていきたい」ときっぱり。

9月のデサント東海Cで8打差をうっちゃり、前週も2打差から逆転勝ちした。「悔いのないよう、思い切って最後まで」。全英女子オープンで世界の頂点に駆け上がった激動の一年の集大成。逆転Vの自信は? との問いに「60%くらい」。21歳は、勝算は十分ありと踏んでいる。(吉良幸雄)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

(1)クーチャー(米国)      266(66、68、62、70)
(2)J・ローズ(英国)      269(68、66、68、67)
(3)ジェーンワタナノンド(タイ) 270(67、65、67、7 …続き (17:24)

最終日、通算18アンダーで優勝したマット・クーチャー(19日、セントーサGC)=共同

 SMBCシンガポールオープン(19日・セントーサGCセラポン=7397ヤード、パー71)
 単独首位で出た41歳のマット・クーチャー(米国)が4バーディー、1トリプルボギーの70で通算18アンダー、2 …続き (16:53)

第3ラウンド、ティーショットを放つ畑岡奈紗。通算10アンダーで3位(18日、フォーシーズンズ・クラブ)=共同

 【レークブエナビスタ(米フロリダ州)=共同】女子ゴルフの米ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは18日、米フロリダ州レークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)で第3ラウン …続き (8:44)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]