「改革元年」担う日産の新世代

日産の選択
田中 暁人
自動車・機械
編集委員
2019/11/30 21:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の新たな経営体制が12月1日に発足する。内田誠専務執行役員が社長に昇格する。新体制では、新最高執行責任者(COO)に三菱自動車のアシュワニ・グプタCOOが就き、副COOに関潤専務執行役員が昇格する。首脳3人の三頭体制で筆頭株主の仏ルノーとの関係の再構築や業績の回復を急ぐ。

1999年に経営破綻寸前まで追い込まれた日産にルノーが出資し、ルノー・日産アライアンスが発足してから20年。資本提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]