設備投資、当初計画を1.3%下回る 19年度日経調査
先行き不透明で製造業中心に縮小

エレクトロニクス
自動車・機械
住建・不動産
サービス・食品
2019/12/1 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた2019年度の設備投資動向調査(10月末時点の修正計画)で、全産業の投資額が19年度当初計画に比べ1.3%減る見通しとなった。米中貿易戦争の長期化などで世界経済の先行き不透明感が強まり、製造業を中心に投資を絞る動きが広がる。18年度比では8.6%増と依然として高い水準だが、経営者の心理が冷え込めばさらに下振れする可能性もある。

調査は上場企業と資本金1億円以上の有力企業1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]