揺れるNATO 亀裂修復探る

2019/12/1 8:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北大西洋条約機構(NATO)は12月3~4日にロンドンで首脳会議を開く。2019年は創設70周年の節目だが、お祝い気分ばかりには浸れない。18年の前回会議でトランプ米大統領が国防支出を巡ってドイツ批判を繰り広げたのに続き、今年はトルコのシリア北東部への攻撃、マクロン仏大統領の「脳死」発言とNATOを揺らす事態が相次いだ。亀裂が深まる同盟の修復を探る機会になる。

NATOは米国とカナダ、仏独英など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]