節税封じ、政府後手 ソフトバンクGのM&A受け新ルール
包括規定は見送り いたちごっこの恐れも

税・予算
経済
政治
2019/11/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は企業や個人による行き過ぎた節税策封じを進める。ソフトバンクグループ(SBG)が海外M&A(合併・買収)に絡んで用いた節税の防止策が30日までに固まった。富裕層による海外不動産投資を通じた手法も使えなくする方針だ。ただ包括的に税逃れを制限する強力な規定の導入は見送る。新たな節税策が登場し、いたちごっこになる恐れもある。

与党の税制調査会は12月中旬にまとめる2020年度の税制改正大綱に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]