/

この記事は会員限定です

節税封じ、政府後手 ソフトバンクGのM&A受け新ルール

包括規定は見送り いたちごっこの恐れも

[有料会員限定]

政府・与党は企業や個人による行き過ぎた節税策封じを進める。ソフトバンクグループ(SBG)が海外M&A(合併・買収)に絡んで用いた節税の防止策が30日までに固まった。富裕層による海外不動産投資を通じた手法も使えなくする方針だ。ただ包括的に税逃れを制限する強力な規定の導入は見送る。新たな節税策が登場し、いたちごっこになる恐れもある。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン