/

米年末商戦、初日のネット販売は過去最高 一部で混乱も

(更新)

【ニューヨーク=高橋そら】28日に始まった米国の年末商戦の出足が好調だ。感謝祭の同日のネット通販売上高は過去最高を記録した。その余波で米小売り各社のネット通販サイトに予想以上にアクセスが集中し、一時閲覧できなくなるトラブルも相次いだ。スマートフォンやパソコンから、数量限定の安売り商品を狙ってサイトを訪れる人が急増したとみられる。

アドビの調査によると、28日のネット通販売上高は前年同期比14.5%増の42億ドル(約4600億円)と過去最高だった。29日も米東部時間午前10時時点で7億ドルを突破しており、同19.2%増えている。

「通常よりも応答時間が長くなり、ご不便をおかけして申し訳ありません」。29日、米コストコ・ホールセールのサイト上には謝罪文が並んだ。同社は28日からセールを始めたが、アクセスの急増に耐えきれずサイトが一時、完全に閲覧できなくなった。復旧後も応答時間が長くなるなど利用に支障が出た。同社は28日限定のプロモーションを「29日まで延長する」としている。

米衣料品店「ノードストロームラック」のサイトでも技術的な問題が発生した。同社は「最も忙しい週に備えて計画を立てたが、需要が予想を上回った」とツイッターに投稿した。スウェーデンのカジュアル衣料大手ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)もサイトの処理速度が一時低下したもようだ。

米年末商戦は1年で最も消費が盛り上がる。2019年は28日の感謝祭の夕方からネットや店舗で一斉セールが始まり、29日の「ブラックフライデー」から12月上旬にかけてピークを迎える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン