/

この記事は会員限定です

政府、馬毛島を160億円で買収へ 米軍艦載機訓練を移転

[有料会員限定]

米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転先として買収交渉を進める馬毛(まげ)島(鹿児島県西之表市)について、政府は29日、地権者と正式契約に向けて大筋合意した。購入金額は約160億円になる。防衛省と島の大半を所有する「タストン・エアポート社」(東京)が近く、正式契約する見通しだ。

馬毛島は種子島の西約12キロに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン