ストライプ石川社長「アパレル、3年後淘汰始まる」
それでも、アパレルと生きる・番外編(2)

それでも、アパレルと生きる
2019/12/1 2:05 (2019/12/5 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石川康晴氏(48)が率いるストライプインターナショナルは「アース ミュージック&エコロジー」など数多くのSPA(製造小売り)ブランドを抱え、売上高は1300億円を超える。近年は衣料品レンタルの「メチャカリ!」など既存のアパレル事業の枠を超えた幅広い分野に進出している石川氏に業界の現状について聞いた。

――アパレル業界の現状をどうみていますか。

「今後3年間は、人工知能(AI)の活用などで在庫管理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]