/

この記事は会員限定です

脱プラスチック、サントリーなど本腰 SDGs経営調査

環境配慮型の事業運営に磨き

[有料会員限定]

持続可能な開発目標(SDGs)で、気候変動対策や省資源といった環境分野の取り組みは企業がとりわけ力を入れている。脱プラスチックへの貢献や再生可能エネルギーの導入など、消費者も厳しい視線を送る。日本企業は世界の潮流から取り残されまいと、成長戦略の中で環境配慮型の事業運営に磨きをかける。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン