/

王子HD、ノーカーボン紙の生産を三菱製紙に移管

王子ホールディングス(HD)は29日、伝票などに使うノーカーボン紙の生産・販売を、同社の持ち分法適用会社である三菱製紙に移管すると発表した。移管時期は2020年7月1日を予定する。書類の電子化などで国内のノーカーボン紙市場は縮小しており、生産の集約で経営体制の効率化をめざす。

王子HDは子会社の王子イメージングメディアの神崎工場(兵庫県尼崎市)から三菱製紙の高砂工場(兵庫県高砂市)に生産を移す。王子HDは今年3月に三菱製紙を持ち分法適用会社にし、原料の共同調達や家庭紙の協業などで収益改善を図っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン